暗い教室

「暗い教室~キリオとヒナオ=変えられていく僕のカタワレ~(鬼頭えん)」第三話ネタバレ!ハメられながら電話実況!

こんにちは!漫画ギルドのダンです!!!

「暗い教室~キリオとヒナオ=変えられていく僕のカタワレ~」の第3話を読んだのであらすじ、ネタバレ、感想をお伝えしていきたいと思います(^^♪

少し内容にドロッとしたこともありますがストーリーを重視するようなあなたなら間違いなく満足の出来るないようになっています( *´艸`)

もちろん、エッチな内容もありエロ漫画としても十分読みごたえのある内容になっています!!ぜひ、読んでみて下さい!!

 

「暗い教室」全体のあらすじ

「今はねー後ろからチ●コ突っ込まれてケツの穴ヒクヒクさせてるよ」

――双子の妹、陽奈緒の受験失敗で、兄妹揃っての試験合格という目標は果たされなかった。

それからというもの、兄に追いつくため母の言いつけを守り、毎日予備校で居残り勉強に励む陽奈緒。誰も居なくなった薄暗い教室で一人…。

そんな彼女を狙う予備校の“先生”。受験失敗という自責の念に駆られ、拒否できず先生に言われるがまま、口いっぱいにおち●ちんを頬張る陽奈緒。

下着をズラされ、ぐちょぐちょになったアソコに肉棒をねじ込まれ…。

身動き取れなくなっていたその時、陽奈緒の携帯に着信が!? アソコに先生のおち●ちんを咥えたまま通話した着信の相手は――。

引用:暗い教室~キリオとヒナオ=変えられていく僕のカタワレ~

「暗い教室~キリオとヒナオ=変えられていく僕のカタワレ~」第3話あらすじ、ネタバレ

キリオは、久しぶりに電話をかけていた。

電話にでたはずなのにそこからはガサガサという音しか聞こえない。

「もしもし?ヒナ?聞こえてる?」

しかし、ヒナオは講師にハメられているため声を出すことができなかった。

「へ~~、彼氏にいるならいってよね」

講師は、兄を彼氏と間違えていた。

ヒナオは、すぐに電話を切ろうとするが講師はそれを止めていく。

「あ・・・」「あ・・・・ん」

キリオは電話越しに何か声が聞こえていたがわからなかった。

その時電話越しから講師の声が聞こえてきた。

「なんで、彼氏に処女をあげなかったの?」

キリオはその声に動揺しヒナオを呼んでいた。

「クリクリ」「じゅぽ、じゅぽ」

講師は、キリオを彼氏と勘違いをしヒナオをどんどん犯していく。

キリオは茫然としながらその声を聴くしかなかった。

「ビクン、ビクン」

ヒナオは、キリオに名前を言われるたびにおまんこがヒクヒクしていた。

講師は、それに興奮をしさらに激しくセックスをしていった。

キリオは電話をきると今までの事を考えていた・・・

▽▼▽無料で立ち読みしたい場合▽▼▽☟クリック

暗い教室~キリオとヒナオ=変えられていく僕のカタワレ~ 

「暗い教室~キリオとヒナオ=変えられていく僕のカタワレ~」第3話を読んでみた!感想!

実際にこの漫画を読んでみた感想をお伝えしていきたいと思います。

内容は、とてもドロドロになっているため昼ドラに近い設定になっています( ゚Д゚)それでもストーリー性がありただセックスをする漫画とはわけが違います!!

ぜひ、ストーリー性も必要だ!という人には読んでほしいです(^^)/

さらには、ヒナオが感じている姿もなかなかの興奮度にもなるので普通にエロ漫画が読みたい人にも楽しめるのではないかと思います!!

今回は、まさに鬼頭えん先生の漫画!という内容ですので一度は読んでほしいです!

 

▽▼▽「暗い教室~キリオとヒナオ=変えられていく僕のカタワレ~」を読んでみたい場合▽▼▽

暗い教室~キリオとヒナオ=変えられていく僕のカタワレ~